www.jeffersoncommunityschool.org
車を持つ人ならば分かっていると思いますが自動車税というものを支払う義務があります。そして自動車税は車の買取時に還ってくるお金なのです。こういったことは本当にやってみたら分かりますがはじめから順に紹介しましょう。一応補足しておけば国内で作られているクルマに限らずドイツ車等も自動車税が還ってくる対象に決まっています。これはクルマについても当てはまります。自動車税というのは自動車を所有する人が支払わなければならないお金ですが、自動車の排気量の大きさにより決められています。1リッターより小さいなら29500円で、1リッターから1.5リッターまでであれば34500円です。これ以上は500cc毎に5000円増えていきます。またこれは4月1日時点の所有者がその年度のお金を払う決まりです。前払いということですからもちろん自動車を買取してもらって所有権を手放した場合では先払いした分の税額は返還される事を意味します。自動車税の場合は事前納付で以後一年分の税額を納めますので年度内に愛車を売却した際は、入れ替わった所有者が自動車税を負担するのです。売却先が専門店なら引き取り時に前払いしている分のお金を返してくれます。所有者でなくなった日以後の税額は新たな所有者が納税義務を負います。もしも自分が10月に車を引き取ってもらった場合は、11月以降翌年3月いっぱいまでの自動車税は返還されます。それは前も述べた通り自動車税というのは一年分を前払いしているという決まりからもわかります。要は前所有者は買取先に自動車税を返してもらうということです。個人で愛車を手放す場合には結構このような重要な事実を忘れている人が多くいるのできちんと確認するようにすることです。自動車税が車を売った際に還ってくるという事実をほとんど知っている人が少ないからと言って、そのことを隠す業者も存在します。自分から税金に関して言わなければ全く自動車税のことには言わないという場面も聞かれます。ですからクルマの売却をするさいには払いすぎたお金が返還されるかどうかをチェックすることを怠らないようにしましょう。