www.jeffersoncommunityschool.org
自己破産手続きを実行したとしても裁判所などから家族に直々に電話がかかるといったことは考えられません。従って家族に気付かれてしまい自己破産申立てが可能かもしれません。ですが現実問題として自己破産手続きを申し込む時点で役所から同居中の両親や兄弟などの収入を明らかにする書類や通帳の写し等といった証明書類の提出を要求されるというような事態もありますし貸し手から近親者へ督促が来ることがあり得ますので、親族に秘密がばれないように自己破産申請が行うことができるという保証はないと考えられます。親族に隠してそれ以降に秘密が明らかになってしまうこと比較すれば、最初から誠実に本当のことを打ち明けてご家庭の方々全員が一丸となって破産の申立てを乗り越える方が安全と言えるでしょう。しかし一緒に住んでいない親族であれば自己破産申請を行ったのが知れ渡ってしまうというようなことは考えなくて良いと理解しても良いでしょう。妻または夫の支払い義務を消滅させるために離縁することを考える早まったカップルもいらっしゃるようですが実はたとえ夫婦同士とは言えども法律的にはその人が連帯保証の名義人になってしまっていない限りにおいて法律の上では義務はないと言えます。その一方で、書類上の連帯保証の名義人を請け負っているケースならばたとえ離婚届の提出をしたとしても法的な責務は残っているとみなされるため法的な支払い義務があると言われます。よって離婚届の提出をしたことで借入金の法律上の支払い義務が失われるなどということはあり得ません。そして往々にして借りたところが借り主の家族や親族に支払いの請求に及ぶといったことがありますが保証人や連帯保証人にサインしていないということであれば親子間ないしは兄弟というような親族間の借入金などに関して近親者に法律的な法的な支払い義務はまずないのです。実は消費者ローンが支払義務のない家庭の人になどに対して支払請求をするのは貸金業の規制法についての金融庁の営業ガイドラインの中で制限されているため催促のしかたによりますが貸金業の規制法の支払催促の基準に違反することにもなります。なので支払い義務がないにも拘らず債務をもつ人の家族が取立てを不当に受けたとすれば債権保持者に向け請求を直ちに停止するよう注意する内容証明郵便を出すのが良いでしょう。しばしば自己破産申請者本人のことがかわいそうだからと思うが故に近親者がお金を代わりとして返してしまうことがありますが、借り手本人が幸運に自立心を無くして何回も多重債務のトラブルを繰り返すことがあるのです。なので、債務を負った本人の事情を考えたら債務をもつ本人手でお金を返させていくかそのようなことが不可能ならば破産申込を行わせる方が債務者本人の人生を考える上では良いと思います。