www.jeffersoncommunityschool.org
外国為替証拠金取引で投資する魅力は単一の金融商品あるが、投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの中からどの種類を選択するのかということにより投資のやり方が異なる点にあると言います。初めに外貨投資の「長い時間をかけるスタンス」を詳しく見てみよう。長期の投資というものは一年以上の長期の出資を基準としています。一般的に為替のレートで一年も後の為替のレートは円高と予想するか、ないし円安かどうかを推測するなんてことはほとんどの場合無謀でしょう。ほとんどのケースでは、「先の動向は予測できない」と思うのが本音です。予想もできないものを一生懸命に予想しようと努力したところでそんなことは無謀なものなのです。そういう訳で他国の貨幣を買ったら、その時の買いレートよりも円高になってしまってもそのマイナス分は少し経てば戻ってくるはずだという程度の気持ちで向き合うのがベストです。差益を大きくするというよりも、他からの収益、要するにスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるのを、初めの望みとして投資してみましょう。当然ちょっとの期間で為替変動の影響で損失が非常に大きくなってしまうことがあります。そのため、そのような損失に影響の少ないよう、レバレッジを必要最小限で抑える心がけは重要です。外国為替証拠金取引は、為替差損が一定範囲以上増大してしまうと、追加保証金が発生したり、あるいはロスカットがかかったりします。ストップロス(ロスカット)をすることになったら即売り買いを清算せざるを得なくなり長期の取引はダメになります。この手のリスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍でトレードするべきです。第二に中期スタンスのケースの売り買いを考えてみましょう。中期投資においては長くても1?2ヶ月ほど先々を想定しての取引を行うのです。為替取引の時は、およそ1ヶ月後のことは、おおかた想定できるかと思います。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などの国際閣議の議題や為替トレードで取引している人たちがどういう問題に着目しているかを聞けば、ほとんどの場合、予想がつくでしょう。上記のようにファンダメンタルズを見る一方で、グラフをチェックすることによって、為替のレートの状況を理解する事ができ、取引をジャッジするべきです。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジのどちらも良い状態でありまたは買いが同様の時はまずジャッジした通りに動いていくと思って差し支えありません。その際は持ち金を増やせば一層大きいリターンを手に入れられると思います。最後に短期のスタンスのポイント。ここでいう短期スタンスというのは、すなわちデイトレードのことを意味しています。為替市場でデイトレーディングをする場合は経済の基礎的条件はいっさい関連がないと断言できます。というのも次の日の相場の変動に経済の状況は影響ないからです。この時、最大のミソは目を引く催し物がある際それが影響して為替相場がかなり動く一瞬を見逃さないよう行動しましょう。例としてアメリカ合衆国で雇用統計が公表される、あるいは金利政策などで金利が変化するという催し。このようにタイミングに変わり目をものにするという理由から、短期スタンスでは多種の要素が必要になる。