www.jeffersoncommunityschool.org
自賠責保険とは正式名称で自動車損害賠償責任保険略すと自賠責保険と言うものになります。このような自動車損害賠償責任保険は強制保険とも呼ばれていて、愛車を車検に出す際は、定められた車検期間に有効な自賠責保険に入っていなければなりません。簡単に言えばすべての車に加入義務のある保険なのです。ではその車が自賠責保険に入ったまま売った際にはどうでしょうか。自賠責保険は車検の際に更新をするというケースが存在しますがもしも強制保険に入ったままの車を売った時は、保険料が返金されるという事例はなかなかないと思います。というのも、自賠責保険を一旦消して、新しい所有権を持つ人移すのは結構手間がかかるのです。なので強制保険というものは名義を変えて車とともに移すことが一般的です。それと同等の金額を代金に乗っけてくれます。強制保険(自賠責保険)の場合は自動車税と違い、既に納めた保険額を月単位で割った額が返還されるやり方ではなく見積額に乗っけるといった方法がとられるのが通常なのですがこのことが買取査定に載るケースはほぼありません。ですから、引き取りのときには強制保険の分の金額が買取額に反映されているかを確認するようにしましょう。自分で納付した金額がどのくらいの額かを把握しておけば、見逃すことはないといえます。自賠責保険の保険料というのは、契約期間により違ってくるものなので、注意しましょう。自動車の買い取り時には保険の名義を変更しなければなりません。これをせずに放っておいたら保険の提供元からあなた宛てに自賠責の満了を知らせる便りが届いてしまいます。売却を検討中の自動車がほんの少しでもお得に売却されることを応援していますね。